結婚式で気をつけなければならないこと

img-1

結婚式を上げるとなればそれはもう幸せいっぱいで誰を呼ぼうか、どのような結婚式にしようかで頭がいっぱいかと思います。

しかし、幸せ気分だけで結婚式を計画してしまっては後で大変なことになるでしょう。

式に関係してくる人達のことを考えながら、計画を立てましょう。

第一は、結婚する相手に対しての配慮です。


家族、親戚を読んで、友達を読んで、職場の人達を読んで…これは広い会場が必要だと考えているかもしれませんが、ちょっと待って下さい。

あなたの結婚するお相手はどうでしょうか?家族、親戚の間に問題はないか、式に呼ぼうと思っている友達はどれぐらい居るか、職場の人達は来てくれるのか等様々な考えるべきポイントがあります。
例えば、親戚同士でのトラブルは過去にありませんでしたか?自分の家族にもしっかり聞いておきましょう。

もちろんお相手にも確かめてもらって下さい。

その際に食べ物のアレルギーや参加できるかをそれとなく聞いておくと後から知らなかった等のトラブルがなくなるためいいでしょう。

その他にも友人たち間でのトラブルは過去にありませんでしたか?自分の知らない所でトラブルが起こっている可能性は大いにあります。友達を呼ぶ際には絶対に来てほしい人達で前もって招待する友達を選ぶことが必要かもしれません。


今は友達代行なんていうサビースがあって、友達が居なくてもその振りをしてくれる人を雇うことができるんです。


そんなサービスが流行るぐらいですから、セッティングにも苦労するところがあるのでしょうね。
お二人でしっかりと話し合って下さい。

















関連リンク

img-2
結婚式の女性の服装のマナー

結婚式は二人の門出を祝う大切な場です。その為、結婚式に列席する時には、礼装にする必要があります。...

more
img-2
結婚式 返信はがきとご祝儀のマナー

結婚式に初めて呼ばれたときに、嬉しいと同時に気になるのがマナーです。しかし、初めての場合、ご祝儀の金額などわからないことが多いのも事実です。...

more
top